ウェブサイトを構築する方法:あなた自身の専門的なウェブサイトを構築する(私のサイトとウェブページを開発する)

公開: 2021-04-23

あなたのビジネスが何であれ、業界が何であれ、私たちが現在住んでいるデジタルの世界では、オンラインでの存在感を生み出し、維持することが重要です。 あなたのビジネスがどれほど大きいかは関係ありません、それがあなた自身だけであるか、あなたがグローバル企業を経営しているなら、あなたは成功するためにウェブサイトを必要とします。 しかし、テクノロジー企業から大通りの実店舗まで、すべての人にとって重要ですが、Webサイトの構築方法を学ぶには、依然としてかなりの時間とリソースが必要です。 したがって、Webデザイン会社と協力することで、優れた結果を確保しながら、チームからのプレッシャーを軽減することができます。

ウェブサイトはあなたのビジネスに関する貴重な情報源をあなたの聴衆に提供し、あなたのリーチを広げ、検索エンジンに現れ、あなたのブランド認知度を高め、あなたのビジネスからの最新の開発とニュースを促進し、そして最も重要なことに、売り上げを得るのを助けることができます。 これらすべての利点を考えると、最初からWebサイトを構築する方法を知っていることが重要です。

もちろん、すべての企業がどのセクターでも成功するためにWebサイトを構築する必要がありますが、それぞれが異なる目標を持っているため、異なるニーズがあることを覚えておくことが重要です。

これは、各ビジネスのアプローチに合わせて調整する必要があるため、会社のWebサイトのデザインにCookieカッターのアプローチがないことを意味します。 あなたがプロのウェブサイトを構築する方法を知りたいのであれば、あなたのコンテンツを調整することとあなたのビジネスニーズを特定することを学ぶことは両方とも重要です。

Fannitでは、デジタルマーケティングと、ブランドのメッセージをWeb全体に広めることに長年の経験があります。 これは、私たちがあなたのビジネスに役立つウェブサイトを作成するために何が必要かを知っていることを意味します。 ウェブページのデザイン、ドメイン名の選択、ホスティングの整理など、必要なものはすべて揃っています。

あなたがウェブサイトを作りたい、あるいは単にあなたの既存のウェブサイトを刷新したいと思っているなら、新しいサイトを作るためにあなたが知る必要があるすべてをこのステップバイステップガイドで私たちのウェブサイト構築のノウハウを貸してください。

  • さらに役立つ読み物: https //www.fannit.com/blog/website-maintenance/

ページの内容

始める前に知っておくべきこと

あなたが最初からあなたのウェブサイトを構築するとき、あなたはあなたがそれを何のために必要とするか、そしてそれをどのように達成するかについて考える必要があります。 幸いなことに、始めたばかりの場合は、Webサイトの作成に役立つリソースやアドバイスがたくさんあります。 WordPressのようなウェブサイトビルダーからホスティングサービスまで、インターネット上には手に入れることができる便利なツールがたくさんあります。投資する価値があります。 専門家のアドバイスを求めることは、あなたが機能するウェブサイトを最初から作成することを確実にするのを助けることができます。

なぜウェブサイトを持つことが重要なのですか?

過去20年ほどの間、ほんの少しでも注意を払ってきた人として、インターネットはいたるところにあります。 それは私たちの働き方、生活、社交、そして楽しみ方を完全に変えました。 ますます多くの人々がインターネットを利用し、インターネットを介して他の人やブランドと関わりを持つようになっているため、オンラインでの存在感の重要性を過小評価することはできません。

米国の消費者の88%が、購入する前にインターネットをチェックしてオンラインで商品を検索していることをご存知ですか? あなたがビジネスのウェブサイトを持っていない場合、彼らがあなたの会社や製品を見つけることさえ決してない可能性が高いので、あなたがこれらの人々から売上を得る可能性は非常に低いです。

ビジネスのウェブサイトを持っていることは重要な最初のステップです。たとえそれが単なる基本的なものであっても、少なくとも地図上にいるので、検索エンジンで見つけることができます。 もちろん、基本的なビジネスサイトは必要な第一歩ですが、他のブランドと競争して注目を集めるだけでは不十分なので、顧客が訪れたくなるような品質で見つけやすいウェブサイトを作成することが重要です。

しっかりと構築され、使いやすく、見つけやすいWebサイトは、さまざまな方法でビジネスに役立ちます。 また、Webサイトを最初から構築し、不格好なテンプレートの使用を回避する方法を知っていれば、さらに多くの利点があります。

ウェブサイトはどのようにあなたのマーケティングを助けることができますか?

良いビジネスウェブサイトは非常に貴重なマーケティングツールです。 実際、これはデジタルマーケティング戦略の中核であり、配置するすべてのコンテンツ、購入するすべての広告、およびSEO(検索エンジン最適化)を改善するためのすべての取り組みには、消費者をWebサイトに誘導するという同じ目標があります。 あなたがウェブサイトを作らなければ、あなたはデジタルマーケティング戦略を持つことができません。

ウェブサイトはあなたのベースとして機能するので、あなたはそれがうまく構築されていることを確認する必要があります。 彼らがあなたのサイトから得る価値と楽しみが多ければ多いほど、あなたのビジネスにとってより良いものになります。彼らがページに戻ったり、長い時間を費やしたりする可能性が高いほど、あなたはリードやセールを得る可能性が高くなります。

  • さらに役立つ読み物: https //www.fannit.com/inbound-marketing/what-is-a-landing-page/

あなたのソーシャルメディアマーケティングのためのウェブサイトの利点

ウェブサイトの構築がマーケティングにどのように役立つかを示す良い例は、ソーシャルメディア活動です。 あなたのソーシャルメディアページは実際にはあなたのウェブサイトではなく、あなたのビジネスに関するプロファイルを含むサードパーティのプラットフォームです。

これは、顧客のためにそこに置くことができる情報の量と、それをブランドに合わせてパーソナライズできる量に制限があることを意味します。 残念ながら、実際のサイトの代わりになるために必要なものがすべて揃っているわけではありません。

ただし、ソーシャルメディアは、企業を宣伝し、顧客と積極的に関わり合うための優れたスペースであり、あらゆるマーケティングキャンペーンに役立つツールです。 それでも、ソーシャルメディアはカスタマージャーニーの最後の部分であってはならないので、顧客をあなたのウェブサイトに導く必要があります。 これがその方法の例です。

あなたがクリーンエネルギー会社だと想像してみてください。 太陽エネルギーがどれだけ効率的またはクリーンであるかについての強力な統計を使用して、新しいFacebook投稿を作成できます。 それを読んでいる多くの人はこれが面白いと思うかもしれませんが、彼らはもっと多くの情報を得たいと思うかもしれません。 したがって、投稿には、人々にあなたのサイトを訪問させる理由を説明するために、彼らのウェブサイトに戻る直接リンクを含める必要があります。

このように、あなたのウェブサイトは情報ハブとして機能し、あなたのソーシャルメディアページが彼らが確実に訪問する間、顧客はあなたが働いている製品や分野に関する特定の情報を得るために行く必要があります。 あなたが興味深く、関連性のある情報を提供すれば、彼らは良い経験をし、彼らが将来戻ってきたいと思うことを確実にするでしょう。

  • さらに役立つ読み物: https //www.fannit.com/blog/open-graph-tags/

ウェブサイトを構築する方法 ウェブサイトはあなたのコンテンツマーケティングを助けることができます

コンテンツは、マーケターが好むもう1つの優れたツールであり、さまざまな目的に役立ちます。 ブランド認知度の向上、専門知識の披露、オーディエンスの関与、SEOの改善まで。 記事、ブログ投稿、ビデオなど、さまざまな形式で提供されます。 もちろん、すべてのマーケティング活動と同様に、人々が実際にあなたのコンテンツを見ることができるようにする必要があります。

では、このすばらしい便利なコンテンツをすべて作成して作成したら、顧客が見ることができるようにどこに配置すればよいでしょうか。 うまくいけば、あなたの頭に浮かんだ最初の答えはウェブサイトを作ることでした。 それはあなたが所有するプラットフォームなので、あなたはそこにあなたが望むものを無料で置くことができます。

あなたのウェブサイトは人々があなたのビジネスについての情報を見つけるために最初に行く場所になるので、それはまた理にかなっています、それで彼らはそこであなたのすべての情報コンテンツを見つけることを期待するでしょう!

あなたがあなたのウェブサイトであなたのコンテンツをホストし始めると、それはあなたのために本当に働き始めることができます。 新しいコンテンツを追加すると、SEOが向上し、検索エンジンの結果ランクが向上し、顧客からの訪問数がさらに増え、ブランドの認知と販売の両方に役立つWebサイトに滞在する時間が長くなります。

実際、Webサイトの主な目的の1つは、関連するすべての会社情報をホストして、顧客が簡単にアクセスできるようにすることです。 あなたは常にコンテンツを念頭に置いてあなたのウェブサイトを構築する必要があります。 このようにそれはあなたがあなたのコンテンツマーケティングを成功させるために必要なすべてを持っているでしょう。

  • さらに役立つ読み物: https //www.fannit.com/blog/visual-content-improve-ecommerce-user-experience/

あなたがあなたのEメールマーケティングのためにウェブサイトを必要とする理由

繰り返しますが、ウェブサイトはあなたのEメールマーケティング活動の重要な要素です。 Eメールマーケティングは、顧客にリーチして新しい顧客を追加するための優れた方法です。特に、連絡先データを喜んで提出したときに、すでに製品に強い関心を示している顧客はそうです。 彼らは実際に何かを購入する可能性が最も高い顧客であり、それは電子メールを信じられないほど価値のあるものにします。

Eメールマーケティングはそれがどのように聞こえるかだけで機能します。 それはあなたの顧客と加入者にあなたのビジネスについての情報、ニュース、そして新製品をメールで送ります。 あなたの聴衆が電子メールを読んでそれを忘れるだけのために存在するべきではありません。

代わりに、それがより戦略的で目的を持っていることを確認する必要があります。 もちろん、この目的はそれらをあなたのウェブサイトに送ることであるべきです。

Webサイトがなければ、電子メールはほとんど意味がなく、事実上スパムになります。 ただし、Webサイトを作成する場合は、最も関心のある顧客をWebサイトに送信して、コンテンツ、新しい開発、そして最も重要な製品やサービスのページを読んで、直接販売に変えることができます。

ウェブサイトはどのようにクリック課金(PPC)広告を助けることができますか?

あなたがウェブサイトを構築するときに考慮されるべきマーケティングのもう一つの部分はクリック課金(PPC)広告です。 これらの広告は、検索エンジンからのトラフィックを促進する非常に効果的で費用対効果の高い方法です。

それらは検索エンジンの結果の先頭に表示され、クリックごとにのみ支払います。つまり、実際に機能したときにのみ支払います。 もちろん、彼らはあなたの聴衆を連れて行くためのどこか、例えばあなたがそれを推測したように、ウェブサイトを必要とします。

ターゲットとする検索用語、または宣伝したいビジネスの特定の部分に応じて、これらのPPC広告を有利に調整できます。 おそらくあなたは彼らに製品ページに導いてもらいたいのかもしれませんし、あなたはむしろ人々をあなたのウェブサイトのニュースページに連れて行くか、あるいは単に彼らをホームページに連れて行きたいのかもしれません。 いずれにせよ、あなたは最初に検索エンジンによって見つけられるウェブサイトを作成する必要があります。

包括的なWebサイトを作成すると、その時点での目標に応じて、視聴者に表示される内容を制御するのに役立ちます。 サイトが適切に設計され、顧客が必要とするすべての情報を網羅している場合、すべてのマーケティングキャンペーンを調整して、すべてがサイトにあるさまざまなコンテンツや情報に消費者を誘導できます。

ウェブサイトはあなたのSEOにとって重要です

検索エンジン最適化(SEO)は、検索エンジンでサイトを見つけやすくするため、デジタルマーケティング戦略にとって非常に重要です。 それはまたあなたのサイトに完全に依存しています。 Webサイトを作成しないと、SEO戦略を立てることはできません。また、サイトが優れているほど、SEOも向上します。

それはこのように動作します。 誰かがグーグルまたは他の検索エンジンで検索するとき、彼らは技術的に「キーフレーズ」として知られているものをタイプします。 これにより、結果としてWebページのリストが表示されます。 キーフレーズがあなたのビジネスに関連している場合、あなたのサイトが表示されます。 SEOが優れているほど、サイトの検索エンジン結果のリストの上位に表示されます。

SEOの改善を開始するための最良の方法の1つは、ビジネスに関連する各キーフレーズに関連するすべての情報がWebサイトにあることを確認することです。 これを行う1つの方法は、サイトに新しいコンテンツを追加することです。

その際、テキスト自体にできるだけ多くのキーフレーズを含めるようにしてください。これは、Googleまたは他の検索エンジンが結果を選択するときに検索するものです。

ウェブサイトはあなたが売り上げを伸ばすのを助けることができます

どんなビジネスにとっても最も重要なことは販売です。 結局のところ、売上高はビジネス戦略のあらゆる部分の最終目標です。 マーケティングからカスタマーサポート、ブランド認知度の向上に至るまで、私たちが行うすべてのことは、売上を増やし、それによって収入を増やすことです。 これにより、企業は成長し、繁栄することができます。 幸いなことに、販売に役立つWebサイトを最初から作成できます。

どこからでも販売

前述したように、ほとんどの人は購入する前にインターネットを使用して製品やサービスに関する情報を見つけます。 あなたがカスタマージャーニーに沿って考慮されたいとさえ思うならば、あなたは人々が見つけることができるウェブサイトを作成する必要があります。

人々があなたの実店舗をもう見つけてくれることを期待するだけでは十分ではありません。 インターネットにアクセスできる人なら誰でもあなたを見つけることができるので、サイトを持つことははるかに多くの顧客にあなたを開くのに役立ちます。 そして、より多くの人々があなたを見つけてあなたのページにアクセスするほど、あなたがオンラインストアをホストしている場合、あなたはより多くの売り上げを上げるでしょう。

いつでも販売する

Webサイトは、「どこで」(顧客があなたのブランドについて学び、購入するためにあなたを見つけることができる場所)を支援するだけでなく、「いつ」も支援します。 ほとんどの実店舗は、毎日一定の時間しか営業しておらず、実際に販売できる時間帯が制限されています。 オンラインストアを含むようにWebサイトを構築することは、製品がワンクリックでアクセスできることを意味します。

お客さま自身の忙しいスケジュールや仕事に費やす時間を考慮すると、誰もがお店に行って買い物をする時間はあまりありません。 一方、オンラインストアは、24時間年中無休で利用できます。

これは、あなたがウェブサイトを作成するならばあなたの製品とサービスが24時間利用可能であることを意味します、それであなたはいつでも販売をすることができます。 言うまでもなく、スマートフォンの登場により、人々は何かを購入するために自宅にいる必要さえなく、いつでもどこからでも手のひらでオンラインストアにアクセスできます。

自動的に販売する

さらに、顧客は自分でサイトを楽しく閲覧できます。 彼らは販売を行う前に必ずしも関与する必要はありません(これはチャットボットや営業チームのアクティブメンバーの形で役立ちますが)ので、あなたのウェブサイトはほとんどリソースを必要とせず、簡単で手間のかからない方法です販売する。

顧客の購入体験の向上

これにより、顧客の購入体験も向上します。 あなたのサイトで製品を閲覧するとき、彼らは同時にあなたの情報コンテンツをチェックアウトすることもできます。 これは、彼らが何を購入しようとしているのかを知らせ、彼らが正しい製品を選択していることを確認するのに役立ちます。 より満足している顧客は、戻ってくる可能性が高くなります。

さらに、購入しようとしているものとうまく機能する同様の製品に関するコンテンツを提供することもできます。 たとえば、テレビを購入したい場合は、両方の製品が連携して機能するため、同じサイトのテレビスタンドにもコンテンツを配置してみませんか。 顧客がこれを見て確信しているなら、それはあなたのビジネスにとってより多くの売り上げです。

ウェブサイトを使用してブランドの認知度と専門知識を高める

顧客がさまざまなビジネスを検討するとき、彼らが求めるものの1つは専門知識です。 自分たちが話していることを知っているように見える企業は、おそらく消費者からはより良い製品やサービスを持っていると見なされています。 当然のことながら、専門知識を誇示することができるブランドは、消費者にとってより信頼できるように見え、より多くの注目と販売を受けるでしょう。

これの重要な部分は、ウェブサイトを作成することです。 インターネットは今や私たちの日常生活に深く根付いているので、インターネットがないブランドは奇妙に見えるでしょう。 90年代のインターネットのごく初期の頃とは異なり、ウェブサイトを持っていないことは例外であり、良いものではありません。 あなたの会社やブランドがウェブサイトを作成していないか、オンラインでの存在感を持っていない場合、顧客はあなたを真剣に受け止めないかもしれません。

ブランド認知度の向上

Webサイトの作成に失敗した場合は、リソースがないか、必要なリソースを認識できるほど最新ではないことを示している可能性があります。 どちらも消費者の目には良くありません。 最悪の場合、人々はあなたがもう存在しているとさえ思わないかもしれないので、彼らは間違いなくあなたの製品やサービスを購入しようとするフォローアップをしません。

あなたの専門知識を表示する

ただし、Webサイトを作成する場合は、それを使用して専門知識を誇示し、信頼性を高めることができます。 詳細なコンテンツページは、ポジティブな会社のニュース、スポークスパーソンによるソートリーダーシップの記事やブログ投稿、および詳細で有益な「私たちについて」のページを紹介することで、これを達成するのに役立ちます。

あなたのサイトに新しいコンテンツを追加する場合、あなたはあなたのブランドに合わせてそれをパーソナライズすることができます。 これは、明確なメッセージでWebサイトを構築するときに役立ち、会社の周りにストーリーを構築します。 明確で一貫性のあるブランドアイデンティティを持つことは、ブランドの認知度と信頼性の両方に役立ちます。

ウェブサイトを構築するために使用できるツールとプラットフォームは何ですか?

Webサイトを作成することが非常に重要である理由と、サイトがビジネスに大いに役立つ方法について説明しました。 しかし、最初からWebサイトを構築することを決定した場合、または現在のWebサイトを改善したい場合は、実際にどのように行いますか?

ウェブサイトを作成する作業は、技術に慣れていない私たちにとっては非常に困難に思えるかもしれませんが、幸いなことに、ウェブサイトを最初から構築する方法がわからない場合に使用できる便利なツールがたくさんあります。あなた自身、例えばウェブサイトビルダーやウェブホスティング会社。

ウェブサイトビルダー

ウェブサイトを作成するためにオンラインビジネスを芽生えさせるために利用できるウェブサイトビルダーの広い範囲があります。 それぞれが特定のビジネス目標に適しているため、各Webサイトビルダーには異なる特典と利点があります。

おそらく、顧客の情報と専門知識のソースとなるようにWebサイトを構築しているのかもしれません。あるいは、販売を促進するための効率的なeコマースサイトを作成したいのかもしれません。 あなたが必要とするものは何でも、あなたのためのウェブサイトビルダーがあります。

あなたがあなたのサイトが何をする必要があるかについて正確に考えることは常に賢明です。 達成しようとしている目標のリストを作成してから、サイトに何が必要かを考えてみませんか。 Webサイトを作成するときに含めることができるのは、ニュースページ、オンラインショップ、ブログ投稿、会社概要セクション、フォトギャラリー、ソーシャルメディアの共有機能などです。

あなたのサイトが何を含むべきか、そしてあなたがそれをしたい目標を知ったら、それからそれぞれの異なるウェブサイトビルダーとツールをチェックして、どれがあなたのサイトに最適であるかを確かめる時が来ました。 では、オンラインで利用できるさまざまなツールは何ですか? WordPressなどのトップWebサイトビルダーと、それらがビジネスにどのように役立つかを見てみましょう。

WordPressでウェブサイトを構築する

WordPressは、おそらくインターネット上で最も人気のあるWebサイトビルダーです。 実際、オンラインのすべてのWebサイトの3分の1以上がWordPressを使用して構築されていると推定されています。 WordPressは、無料のオープンソースWebビルダーです。 オープンソースとは、コードがすべての人に自由に利用できるソフトウェアを意味し、人々がお金を払わずに自分でコードを研究して使用できるようにします。

  • さらに役立つ読み物: https //www.fannit.com/seo/wordpress-seo/

WordPressが多用途である理由

ソースコードをすぐに利用できるということは、WordPress Webサイトが高度にカスタマイズ可能であることを意味し、WordPressを選択した場合に、適切と思われる方法でWebサイトをパーソナライズするための多くの制御を提供します。

このカスタマイズ性により、WordPressは高度なスケーラビリティを実現します。これは、まったく新しいサイトを再作成しなくても、ビジネスやオーディエンスの成長に合わせてサイトを簡単に編集したり、新しい機能を追加したりできるためです。

WordPressの汎用性のもう1つの利点は、ほぼすべての種類のサイトで使用できることです。 WordPressが提供する多様性は、eコマースプラットフォーム、ソーシャルフォーラム、シンプルなランディングページ、ビジュアルコンテンツ(画像とビデオ)のギャラリー、メンバーシップベースのサイトを構築できることを意味します。 あなたの想像力が思いつくことができるほとんどすべてのもの、WordPressはおそらくそれを行うことができます。

WordPressがウェブサイトビルダーにとても人気がある理由はおそらくこの適応性です。 WordPressは、最初のWebサイトを最初から開始するほとんどすべてのビジネスにとって、優れたWebサイトビルダーです。最初に何をすべきか正確にわからない場合は、後で簡単にページを編集して、必要なことを行うことができます。 。

WordPressテンプレート

ウェブサイトの構築を開始するときにどこから始めればよいかわからない人のために、WordPressは便利なテンプレートも提供しています。 WordPressの既成のテーマは高品質であり、ウェブサイトデザインの最初のステップを実行します。

WordPressテンプレートは、Webサイトの作成に不慣れな人にとっては、始めるのに最適な方法であり、会社のサイトをパーソナライズしたい場合は、後で簡単に編集できます。

WordPressは、プラットフォームを可能な限りユーザーフレンドリーにするために多くの努力を払ってきました。 たとえば、WordPressダッシュボードを使用してドラッグアンドドロップページエディタを簡単に使用できます。 これらにより、ページレイアウトを希望どおりに設定することがはるかに簡単になります。 WordPressを利用するためにコーディングマエストロである必要はありません。

WordPressプラグイン

WordPressの人気と世界中での普及により、WordPressWebサイトで動作するように作成されたツールがWeb上に数千あります。 一例はWordPressプラグインです。

これらは、モバイルデバイスでアプリが実行するのとほぼ同じように機能するプログラムです。 彼らはあなたとあなたの訪問者の両方のために便利な、あるいは楽しい新機能を追加することによってあなたのWordPressサイトをアップグレードすることができます。

プラグインは、WordPress Webサイトの非常に重要な機能であり、単純なブログプラットフォームから、さまざまなサイトを作成するために使用できる多用途で強力なWebサイトビルダーに移行するのに役立ちました。 これらは、WordPressや、GitHubなどの多くのサードパーティサイトから入手できます。

プラグインの例

WordPressプラグインの例としては、売り上げを伸ばすのに最適なクーポンページを作成できるRetainMeNotがあります。 WooCommerceは、WordPress Webサイトを使用したいすべてのeコマースビジネスにとって必須です。これにより、Webサイトにショッピングページを作成できます。 おそらくあなたはあなたのビジネスに関連するいくつかの素晴らしい画像を表示したいと思うでしょう、その場合あなたはWordPressのEnviraGalleryを使うことができます。

これらすべてのプラグイン、およびその他多くのプラグインにより、WordPressは今日の非常に貴重なツールになっています。 48,000を超えるさまざまなWordPressプラグインから選択できるため、Webサイトで実行する必要のあるすべてのプラグインに対応できるプラグインが必ずあります。 訪問者が使用できる機能だけではありません。 WordPressプラグインは、サイトのパフォーマンス速度を上げたり、SEOを向上させたりするためにも作成されています。

WordPressのデメリット

WordPressには、Webサイトを作成およびカスタマイズするための機能がたくさんありますが、初心者にとっては最も使いやすいツールではない場合があります。 自分がどれだけ技術に精通しているかにそれほど自信がない場合は、WordPressの使用が難しいと感じるかもしれません。

WordPressは、包括的なパッケージというよりも、コンテンツ管理システム(CMS)のようなものです。 コンテンツ管理システムを使用すると、オンラインコンテンツを簡単に整理できますが、WordPressとは別にホスティングサービスとドメイン登録を使用する方がよい場合があります。

Shopifyでウェブサイトを構築する

Shopifyは、ショッピングという特定の焦点があるため、企業の間で人気のあるWebサイトビルダーです。 これは、オンラインショップを構築するために特別に設計されたeコマースプラットフォームであり、ビジネスがオンライン販売に依存している場合に非常に価値があります。 WordPressとは異なり、Shopifyは非常にニッチなWebサイトビルダーであるため、eコマースに集中したい場合にのみ使用する必要があります。

  • さらに役立つ読み物: https //www.fannit.com/blog/ecommerce-platforms/

Shopifyでオンラインストアを構築する

ただし、オンラインストアの作成に興味がある場合は、それが最適なWeb​​サイトビルダーになる可能性があります。 他の多くの企業もそう考えています。現在、100万を超える企業がeコマースにShopifyを使用しており、数十億ドル相当の売上を処理しています。

メンテナンスが簡単

WordPressほどカスタマイズ可能ではありませんが、Shopifyにはまだいくつかの利点があります。 Shopifyはすべてのホスティング自体を行うため、サイトのメンテナンスについてそれほど心配する必要がないことを意味します。 アップデートのインストール、バグの修正、データのバックアップ、ソフトウェアの管理などの問題はすべてShopifyによって行われるため、リラックスできます。

WordPressよりもほぼ完全に構築されているため、コーディングを自分で行う必要はありません。 これは、テクノロジーに完全に慣れていなくても、eコマースブランドを設定したい場合に使用する優れたツールになります。

プラットフォームがどれほど専門的であるかを考えると、これは特に便利です。結局のところ、すべての人がオンライン決済システムをコーディングできる(またはコーディングする必要がある)わけではありません。

支払い用に設計

Shopifyには、ShopifyPaymentsと呼ばれる独自の統合支払いシステムがあります。 これは、これを自分で設定することを心配する必要がなく、安全であることを意味します。 また、クレジットカードを受け入れることができ、ビジネスで必要な場合はサードパーティの支払いゲートウェイを追加できます。 したがって、Shopify Paymentsは、eコマースサイトの最も重要な部分である販売を最初から準備できるようにします。

ただし、Shopifyはオンライン販売ビジネスに必要なものは何でも考えているため、これだけではありません。 また、サイトに無制限の数の製品を追加する機能もあります。 それはあなたの販売統計を記録し、あなたのためにあなたの分析作業の大部分を行います。

Shopifyはまた、マーケティングとの統合を容易にし、完全な在庫管理とさらに多くの機能を備えています。

Shopifyでページをデザインする

WordPressと同様に、Shopifyは、コーディングの経験があまりない、またはまったくない新しいユーザーにとって、プラットフォームを直感的で使いやすいものにすることに投資しています。 そのシンプルなドラッグアンドドロップ設計は、技術的な知識に関係なく、ほとんどの人がそれを使用できることを意味します。 また、WordPressと同様に、Shopifyは独自のWebデザインテンプレートを提供していますが、十分な選択肢があります。

eコマース小売業者の場合、ShopifyはショッピングWebサイトを設定するときに完全なパッケージを提供します。 組み込みの支払いシステム、分析、マーケティングツール、さらには配送ツールも提供します。

Shopifyのデメリット

ただし、事前にパッケージ化されたツールのこのような包括的なリストには、値札が付いています。 それは月に他のほとんどのウェブサイトビルダーより少し高価です、しかしあなたがeコマースに焦点を合わせているならば、それはそれの価値があるかもしれません。

Squarespaceでウェブサイトを構築する

Squarespaceは、企業に人気のあるもう1つの人気のあるWebサイトビルダーです。 多くの企業がSquarespaceを選択する理由の1つは、SquarespaceがWebサイトをホストできることです。 これにより、Squarespaceが作業の重要な部分を実行するため、Webサイトのセットアップと実行がはるかに簡単になります。

Squarespaceテンプレート

これまでに説明した他のすべてのWebサイトビルダーと同様に、Squarespaceは、Webサイトの実際のデザインを使いやすく、高度にカスタマイズできるようにするために多くの考慮を払い、新しいテーマを簡単に選択できるようにしました。 それはあなたが心ゆくまで編集することができる膨大な量の異なるウェブデザインテンプレートが付属しています。 これにより、非常に用途の広いプラットフォームになり、ほとんどすべてのタイプのビジネスに理想的です。

コンテンツ用に設計

Squarespaceのプラットフォームは、コンテンツを念頭に置いて設計されました。 たくさんのブログ投稿、記事、ニュースページ、フォトギャラリー、またはその他の種類の書面または視覚的なコンテンツを含める場合に使用するのに最適なWeb​​サイトビルダーです。 このプラットフォームを使用すると、既存のWebサイトに新しいコンテンツを非常に簡単に追加できるため、作業を進めながらコンテンツベースを構築できます。

Squarespaceのレイアウトテンプレートのカスタマイズ性は、コンテンツを適切と思われる方法で提示できることを意味します。 WordPressと同様に、これによりサイトを好きなだけパーソナライズできるため、テンプレートを使用していても、競合他社と比べて個性的な感覚があります。

Squarespaceでオンラインストアを構築する

Shopifyほど重点を置いているわけではありませんが、Squarespaceはオンライン小売も考慮に入れています。 これがあなたのビジネスのサイトに必要なものであるならば、それはそれ自身のeコマース機能を持っています。 これにより、独自のオンラインストアを構築できます。 ここから、商品や注文を簡単に管理でき、クーポンやその他の小売サービスなどの機能を含めることもできます。

Wixでウェブサイトを構築する

次に見ていくWeb構築ツールはWixです。 これはクラウドベースのプラットフォームであり、非常に使いやすいと多くの人に見られており、最初のWebサイトを最初から作成する人にとって非常にアクセスしやすいツールになっています。 Squarespaceと同様に、Wixは完全にホストされているため、これについて自分で心配する必要はなく、初めての人にとってはさらに便利です。

Wixを使用したサイトの設計

私たちが話した他のすべてのウェブサイトビルダーと同様に、Wixはあなたがあなたのサイトをデザインしているときのためにたくさんのそれ自身のテンプレートも提供します。 ビジネスのスタイルやイメージに合わせて、それぞれをカスタマイズおよび編集できます。

また、他のWebサイトビルダーと同様のドラッグアンドドロップ機能を使用することで、使いやすくなりました。 他の優れたウェブサイトビルダーと同様に、直感性がゲームの名前です。

ただし、自分でサイトをデザインしたくない場合は、WixにWixADIというツールも付属しています。 これは実際には人工知能(AI)Webデザイナープログラムであり、すべての設計を行うことができ、かなり良い仕事をすることもできます。

Wixプラグイン

WixもWordPressに似ており、使用可能なプラグイン(またはアプリ)がたくさんあります。 WordPressの場合と同様に、これにより、サイトに高度なカスタマイズ性と機能性の両方が追加されます。 さまざまな機能を使用してアップグレードし、サイトの特定の目標を達成するのに役立てることができます。 Wixとサードパーティの両方のサイトから入手できます。

低予算のウェブサイトにWixを使用する

Wixが基本的なウェブサイト構築を始めたばかりの人のために設計されているもう1つの方法は、無料バージョンのサービスを提供することです。 これにより、あまり投資することなく、Webサイトのセットアップと実行に慣れることができます。 残念ながら、帯域幅とストレージの両方に制限があるため、拡張したい場合は、最終的に月額の支払いを開始する必要があります。

Weeblyでウェブサイトを構築する

私たちのリストの次のウェブサイトビルダーはWeeblyです。 これは、ウェブサイト構築の経験があまりない人にとって便利なツールです。 Weeblyを使用する場合、Webサイトを編集または更新するためにコーディングできる必要はありません。 代わりに、可能な限りシンプルで直感的なものにしようとする彼らのページビルダーツールを使用することができます。

Weeblyはあなたのためにホスティングを行います

Squarespaceと同様に、Weeblyはすべてのホスティング自体を行います。 これにより、必要なホスティングソフトウェアをダウンロードしたり、ソフトウェアの保守や管理に時間を費やしたりする必要がなくなるため、ビジネスのプロセスが簡単になります。 代わりに、これはすべてWeeblyによってバックグラウンドで実行されるため、より重要なことに集中できます。

Weeblyを使用した設計

Weeblyでもページのデザインは簡単です。 それはあなたが使用するための既成のデザインを提供し、始めるのをより簡単にします。 ただし、分岐に慣れたら、完全に編集できるので、ページをビジネス独自のスタイルに合わせることができます。

Weeblyでオンラインストアを作成する

オンライン販売を実行するためにWebサイトが必要な場合は、Weeblyがeコマースを支援することもできます。 あなたはあなたの製品を紹介し、最終的に販売をするために簡単なオンラインストアを作ることができます。 ただし、購入ごとに取引手数料がかかりますが、ビジネスに最適な場合は、これらの手数料を削除するアップグレードされたプランの料金を支払うことができます。

既製の機能

Weeblyで作成するすべてのウェブページには、フォトギャラリー、お問い合わせフォームなどの機能が自動的に組み込まれています。 これにより、Webサイトの設定に関して多くの技術的ノウハウがなくても、最初からこれらの機能を簡単に組み込むことができます。

Once you have decided which website builder, whether it's WordPress, Shopify, or one of the others, is best going to suit your business needs and fit with your own technical expertise, the next thing you need to do is actually build it. Fortunately, we've put together a brief step-by-step guide to help you do exactly that.

How to Build Your Own Website, a Step by Step Guide

Hopefully, we have made it clear by now just how useful having a website for your business is. It can help with so many parts of your business, from marketing to sales, and is vital for any sector.

A large multinational firm, small business, or brick-and-mortar shop all need a functioning website if they are to succeed. If you don't have one then it's definitely time to start building your website.

Building websites now is much easier than it was in the early days of the internet. The very first pages required a good knowledge of coding as people attempted to build their websites from scratch.

However, now there are plenty of tools that do much of the hard work for you, streamlining the process. We've already discussed these, so hopefully, you've chosen the right one for you, and hopefully now is the time for getting started.

Preparing to Create Your Website

Like much in life and business, preparation is key. It's worth thinking about what you want your website to do, and what you need to make it do this. There are a few things that you can think about and research before you get started, and will help you down the line and make your website the best site it can be.

What Does Your Website Need to do?

Firstly, you need to decide what exactly you need a website for. This will differ depending on the type of business, sector you are in, who your audience is, and what your business goals are. It's really important that you conduct research into this before you begin. If you set up a website just because you feel like you should, but haven't planned what to use it for, it won't be successful.

What Are Your Business Goals?

It helps if before you begin, you clearly define your website's goals in simple, clear terms. This will give you a great starting point and give you a straightforward task to follow in order to focus your website on achieving this goal, or goals. It will make deciding what features to add to your website much easier, as you can evaluate each one on whether it will help you get to your aims.

Do you want to create an ecommerce site to sell your products and services online? Does your website need to just be a repository for your company information, giving your customers what they need to know in a presentable way when they visit? Perhaps you're trying to build a mailing list and you need your new web page to be somewhere to gain subscribers.

Some businesses use their website purely for branding purposes, or for showing off their work. They could do this with an attractive gallery of images and video if their work is of a visual nature, or with detailed content pages explaining how they have helped previous clients achieve their business goals if they are a services-based company.

Working out exactly the tasks you need your website to complete before you start can cut out a lot of the work for you. If you just need it to inform consumers about who you are and what you do, then you'll probably only need to include a few content pages and some simple pieces of information.

However, if you are a retailer and you want your website to act as a sales platform, you will need to create an ecommerce site that is a bit more complex. You wouldn't want to waste time learning about the technical aspects this entails if it's simply not needed. This is why prior research and planning matters.

  • More helpful reading: https://www.fannit.com/blog/how-to-start-an-ecommerce-business/

What Features Does Every Website Need to Include?

Once you've established what your website needs to achieve, you can use this to start deciding what features to include on your site. There are few different features you should consider when building your own website. Here are some examples of what you should consider.

Always Include a Homepage

There are absolutely loads of different features and pages you can add to your website for whatever your ultimate business goals are. This is what makes each company page different, depending on what they are trying to achieve. However, each website does still have one thing in common (or at least should have!): a homepage.

A homepage is crucial for any website, whether you want to know how to build a simple website or a quality, professional one. It is likely to be the first thing a customer sees when they visit your website, so needs to be high quality. A good homepage needs to clearly explain exactly who your company is and what you do.

The exact nature of your business should be obvious from one click. If a visitor doesn't immediately understand your business and has to explore several pages before they work it out, there's a good chance they will simply just leave instead. If they leave early their visit will not convert into a sale and could hurt your time on page stats, diminishing your site's SEO.

There's no point in being too subtle when explaining your company. Your homepage can say exactly what you do straight away. If you're a marketing agency, just say that! Use plain simple language so there's no confusion.

If your company sells gardening equipment, why not have a big picture of a garden (with some of your products included maybe), so visitors know who they're dealing with immediately.

Include Your Brand Identity

Another thing to do when planning your website design is to have a think about your brand identity. One thing all websites need to do is represent their business. Remember, a website is merely an online extension of your business. You'd want your shop to have a particular image depending on what you are selling, and your website is no different. A brand identity can do this.

Perhaps your brand already has a strong identity from your previous marketing and advertising efforts, or if you already have a decent social media presence. If you don't already have a recognizable identity, then building a new website could be a perfect time to create it.

How Brand Identity Should Affect Your Design

Your brand identity should set the tone of your website design. Your customers need to see your brand through every little feature on the website and instantly recognize your company with just a glance. It also matters what sector you are in. You may want to set a clean, professional tone with your identity, or perhaps create a sense of something more energetic and fun.

A good branding strategy means that your brand identity will also be widely used throughout all your other offline properties, from advertising, products, office space, even your business cards. Your website needs to work in concert with these by using the same brand identity so it feels like your company.

When it comes to the actual design of your website, your brand identity should dictate every aesthetic decision you make. Page layout, color, font, imagery, the tone of any written copy, and even the design of small icons and buttons on your site.

If you take the time to properly plan out your brand identity before you begin the design phase it will make it easy during the decision-making process. With your brand identity well planned, and well-executed, customers will know exactly what type of company they are dealing with from their first visit.

Do Your Research

As with any project, doing your research beforehand can be really helpful. We have already discussed the importance of researching your own business and what goals you need to achieve. However, another useful tip is to research your competitors and see what they are doing with their websites.

Competitor Research

As you work within the same sector, you'll often need similar functions on your site so it's worth having a peek at what they're up to. This does not mean you should copy them of course. You still need to have your own unique brand identity shine through.

But it can help by looking and what they are doing, what functions and features they have included on their website, and also what seems to be working for them and what is not. Perhaps they're using social, maybe they have an online signup form for mailing lists. They could be including a feature you had not thought of but would still be great for your own business.

Design Research

Design and layout is another important feature you should research. You don't even need to necessarily research competitors or other similar businesses. Think of websites that you have had a pleasant experience visiting yourself and go back and see how they've been constructed. When you do your research make a list of ones that work smoothly and their design features.

If you are using a web builder tool then most of them will include pre-made templates for website design. It's worth checking these out and comparing a few before you choose the one you are going to use for your own site.

One thing to remember is that design is not the most important thing when it comes to page layouts. Functionality should be at the front of your mind when planning your website design.

How many times have you come across a website with a unique design and aesthetic, that looks really impressive, only to find that none of it works smoothly and is actually incredibly hard to navigate? Nothing will put a user off more than clunky, difficult navigation and an awkward user experience.

Choose a Domain Name for Your Website

Every website needs to choose a domain name, it is easily one of the most important parts of a website. Your domain name is the main part of your URL, the name for your website, and what people will type into their web browser to find you. You'll want your domain name to be everywhere, on your email signature, marketing, social media, and any other outreach to get people to visit your website.

Make Your Domain Name Relevant

As such, you should choose a domain name that is short, snappy, and catchy, something that users will remember. Most importantly of all, a domain name should also be relevant to your company, ideally your company name followed by '.com' or another suffix depending on what exactly your company or organization is.

Some people, when searching for a business, will simply put the company name with .com and hope your website domain comes up. If you've gone for something too different from the name of your company for your domain name it could make your website harder to find, thus meaning you will have less traffic. There is no point in a website domain that nobody visits and it will fail at its intended purpose if this is the case.

If you can't choose a free domain name that is exactly the same as your company name then it should at least be something similar. For example, we're lucky enough at Fannit that our domain name is fannit.com, but if our domain name had been taken already, we could have gone for a domain like fannitmarketing.com. The domain name still has our company name in it and is also relevant to what we do.

Your domain name for your website should be something professional. Your domain is for your business after all and needs to convey your brand's credibility. It helps if your domain name is relatively short and rolls off the tongue, and will make it easy for people to share your domain via word of mouth. Many online brands have now become synonymous with their domain name.

Choose the Right TLD

Part of the domain name you need to choose is the suffix. This is also called the Top Level Domain (TLD). Examples of a top level domain include .com, .edu, .org, .net, .biz, .gov and many others I am sure most people will recognize. Which one you should use for your domain name depends on what your organization is and what it does.

The most common top level domain is .com and can be used for a variety of different purposes, including business. .edu is for educational sites, such as universities or schools, .gov is of course a domain used by the government for their sites, and .org tends to be used by charities and other non-profit organizations.

For a more comprehensive list of TLDs and their meaning, you can look here.

Check for Availability

When you have finally decided what you want your domain name to be called you need to check its availability, which means making sure no other site is already using that domain.

Additionally, it is also prudent to check if the domain name is protected by copyright, as otherwise, you might unintentionally infringe on another company's protected domain name. It's always wise to avoid any additional legal admin or costs.

If your desired domain name is available then it's time to purchase it, making it your legal property. You can do this through an organization called a domain registrar.

Some web builders, such as Squarespace and Wix can also act as domain registrars making it simple to register your domain name if you're already building your page with them. Other popular ones include Domain.com and Google.

In the case that you have set your heart on a particular domain name, but find it has already been taken or protected by copyright, then it is still possible to use this domain name.

To do so you will have to get in contact with the current owners of the domain and make an offer to buy the domain name from them. If you're lucky they may sell their domain name to you. You can also get your domain registrar to contact the owners for you instead if you prefer.

How to Host Your Website

The next step after settling on a domain name is deciding on your website's web hosting plans. We touched on this briefly in an earlier section, discussing how some web builders like Squarespace do web hosting for you if you create a website with them. But what are web hosting plans? And why does a website need web hosting?

What is Hosting?

Web hosting is essentially where your website is physically. A lot of us see the internet as being in the cloud, bits of data that are available on all computers and mobile devices. However, all this data needs to be physically kept somewhere, in a real-world location. Data for websites are all stored on servers, which are the physical infrastructure of the internet.

External Hosting vs Hosting Yourself

If you want to host your website yourself then you will need to purchase servers. Unfortunately for a small business, hosting requires a lot of physical space, and large costs both upfront and for regular maintenance.

中小企業にとって、それはおそらく費用と手間をかけるだけの価値はありません。 これが、前述のWebビルダーのように多くの人が外部ホストの使用を選択する理由です。

ウェブホスティングプランでは、ウェブサイトのデータをサーバーに保存し、ハードウェアの問題とコストに責任を負います。 彼らはおそらくあなたに特権のために月額セット料金を請求するでしょう、しかしこれはあなたが中小企業であるならばあなた自身をホストするよりはるかに手頃な価格です。 大規模な場合は収益性が高くなるため、一部の大規模な多国籍企業やテクノロジー企業は自らをホストしています。

共有ホスティングと専用ホスティング

選択する外部Webホストを選択するときは、「共有ホスティング」と「専用ホスティング」を提供しているものを探してください。 これらの異なるオプションには、それぞれ長所と短所があります。 共有ウェブホスティングとは、基本的にサーバーを他のウェブサイトと共有することを意味します。 これは、他のWebサイトとコストを分割できるため、より予算に優しいオプションとして最適です。

共有ホスティング

ただし、複数の異なる関係者がサーバーを使用するため、帯域幅を競う必要があります。 これにより、サイトの速度が遅くなる可能性が高くなり、サイトの機能の問題が発生し、ユーザーエクスペリエンスが損なわれる可能性があります。 あなたが始めたばかりの場合、それは良いオプションですが、あなたのウェブサイトが成長し拡大するにつれて、専用のウェブホスティングプランを検討する時期かもしれません。

専用ホスティング

専用ウェブホスティングとは、外部ウェブホストに専用サーバーの料金を支払うことを意味します。 これは、あなたのウェブサイトがその特定のサーバーを使用する唯一のサイトであることを意味します。 他のサイトがないので、ページは帯域幅を奪い合う必要がなく、高速を維持し、Webサイトはすべての訪問者に対してスムーズに実行されます。 もちろん、これにはプレミアムが付いてくることが多いので、もっと支払うことを期待してください。

無料ホスティング

あなたのウェブサイトを無料でホストすることをいとわないかもしれないいくつかの外部ホストがいます。 予算に制約がある場合、これは良い選択ですが、Webサーバーのホスティングにはコストがかかり、Webホストが支払う必要があることに注意してください。 彼らがあなたに月額料金を請求しないならば、彼らはあなたのウェブページで広告をホストすることのような他の方法でお金を稼ぐでしょう。

あなたはこれを気にしないかもしれません、そして実際にインターネット中の多くのページはバナー広告を使用しています。 ほとんどのユーザーは、あまり邪魔にならない限り、気にしないようです。 ただし、この場合は、広告がどの程度正確に表示されるか、広告が占めるスペースの量、および広告の数を確認してください。

迷惑なポップアップ広告で混雑しているサイトによって、インターフェイス、ユーザーエクスペリエンス、またはページ速度を台無しにしたくはありません。 最悪の場合、それはあなたのウェブサイトを使用できなくし、訪問者が戻ってくるのを思いとどまらせる可能性があります。 Webホスティングについて確固たる決定を下す前に、これらの広告でサイトがどのように表示されるかを確認してください。

Webホスティングのさまざまなオプションはすべて、規模に関連しています。 それらがより効率的で信頼できるほど、それらはより高価になります。 ただし、大量のトラフィックを受信して​​いる場合は、より高価なオプションからの速度の向上により、投資する価値があります。 オプションは、次のスケール順に考えることができます。

  1. 無料ホスティング(広告でサポート)
  2. 共有ホスティング
  3. 専用ホスティング
  4. 独自のサーバーをホストする

規模に応じてホスティングを変更する

あなたのビジネスが成長し、あなたのウェブサイトがトラフィックの増加に伴って拡大するにつれて、あなたの好みのホスティングプランをいつでも変更することが可能です。 実際、そうするのが実際には賢明だと言えます。 サイトの稼働が開始されたら、分析に注目してください。 トラフィック、ページ速度、ページ滞在時間、およびユーザーエクスペリエンスに関する顧客からのフィードバックの統計を確認します。

ページの速度が受信しているトラフィックに追いついておらず、ユーザーからの苦情が多い場合は、サイトが正常に機能しているかどうかを確認する必要があります。 そうでない場合は、お好みのホスティングプランをアップグレードして、ウェブサイトの成功の鍵となる速度とユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させる時期かもしれません。

場所の問題

Webホストを選択するときに考慮すべきもう1つの問題は、その物理的機能です。 優れたサービスを提供するのに十分な容量を備えた十分に高速なサーバーがありますか? また、実際にどこに基づいているかを確認してください。 また、すべての顧客の近くにある可能性が高い場所にあるWebホストを選択する必要があります。

対象者が米国を拠点としている場合、ヨーロッパを拠点とする外部サーバーホストを選択する意味はほとんどありません。 サーバーが顧客に近いほど、サイトは速くなりますが、それは本当に簡単です。 幸いなことに、ほとんどの外部ホストがこの情報を提供する可能性があります。

Web法に関する複雑な問題もあるかもしれません。 たとえば、中国に多くの顧客がいる場合、中国ではインターネットを取り巻く法律が強化されているため、少なくとも一部のサーバーを中国自体でホストすることが適切であることがわかります。

あなたのウェブサイトのページを構築する

調査を行い、ドメイン名を決定し、Webサイトをホストする相手を選択したら、実際にWebサイトを作成します。 最新のWebビルダーでは、このプロセスが以前よりもはるかに簡単になっているため、コーディングの必要はありません。 ただし、Webページの作成を開始する前に、Webサイトをどのように構成する必要があるかを計画する必要があります。

ウェブサイトを構築する方法 含める必要のあるコンテンツを決定する

これを行うための最初のステップは、Webサイトに含めるコンテンツを計画することです。 あなたが書いたすべての素晴らしい記事やブログ投稿、あなたが過去に撮ったあなたのビジネスの素晴らしい画像、そしてあなたがあなたのサイトでうまくいくと思う他のものを考えてください。 何を使用したいかが正確にわかっている場合は、後でサイトマップを簡単に作成できます。

すでにたくさんのコンテンツが手元にあるかもしれません。 すべてを自分のサイトにアップロードしたい場合は、もう一度考える必要があるかもしれません。 サイトの速度を常に念頭に置いてください。サイトが遅すぎて遅延していると、ユーザーエクスペリエンスが損なわれ、訪問者が先送りになります。 遅すぎて不格好で適切に動作できないサイトに戻ってきたいと思う人は誰もいません。

サイト上のデータの量はサイトの速度に影響を与える可能性があるため、データが多すぎると速度が低下します。 したがって、サイトに実際に表示する必要があるコンテンツのみを選択するように注意する必要があります。また、コンピューターのハードドライブにたまたまある大量の低品質の画像でコンテンツを過負荷にしないでください。

  • さらに役立つ読み物: https //www.fannit.com/blog/what-is-seo-writing/

サイトマップを作成する

一緒に使用したいすべてのコンテンツを入手したら、次に、サイトに必要なページを決定します。これは、コンテンツの移動先です。 単純なホームページをはるかに超えて、多くのよく整理された情報を備えた階層化されたサイトを持つことが重要です。 これを計画する最良の方法は、詳細なサイトマップを作成することです。

サイトマップは本質的にウェブサイトの青写真です。 必要なページ、これらのページに必要なもの、およびそれらがすべてどのようにリンクされているかについて詳しく説明します。 最後の部分は非常に重要です。

簡単なナビゲーションは、Webサイトを楽しく使用できるかどうかを決定する主な要因です。 人々は、ワンクリックでトラバースできるシンプルで簡単なWebサイトを好むので、必要なページをすばやく見つけることができるはずです。

メニューを含める

各ページに、顧客を他のページに誘導できるリンクをたくさん含めることが重要です。 これを行うための本当に簡単な方法は、すべてのページにメニューを用意することです。 これはあなたのサイトのすべての主要なページのリストを持つことができるので、すべてのページはあなたの訪問者のためにワンクリックするだけです。 ドロップダウンメニューにすることも、すべてのページの下部にリストを含めることもできます。

では、サイトマップに含める必要のあるページは何ですか? eコマースプラットフォームなど、より専門的なビジネス向けのものもありますが、すべてのビジネスや組織が持つべきページもあります。 Webページの作成方法を知っていることが重要です。 いくつかの必需品を見てみましょう。

連絡先ページを含める

まず第一に、すべての会社のサイトには連絡先ページを含める必要があります。 あなたは顧客があなたに手を差し伸べることができることを望んでいます、それはその聴衆関係を育むことの重要な部分であり、販売につながることができます。 すべての連絡先の詳細を含む専用ページを用意してください。 これには、連絡先番号、電子メール、住所、および現在ではすべてのソーシャルメディアページへのリンクが含まれている必要があります。

多くの人にとって、会社のWebサイトは、何らかの理由でビジネスに連絡しようとしているときの最初の寄港地です。 それは購入、苦情、あるいはあなたのために働くことについて尋ねることであるかもしれません。 彼らが必要な連絡先の詳細を見つけるのを難しくしないでください。そうしないと、その顧客との関係が損なわれる可能性があります。

会社概要セクションを含める

もう1つの重要なページは「AboutUs」ページです。 これはあなたがあなたの会社の話をすることができるところです。 あなたはいくつかの会社の歴史、あなたの使命声明、会社の価値観の背景を含めることができ、またあなたが行ってきた仕事のいくつかについて話すことができます。 あなたがあなたの会社にいくらかの深さを加えて、あなたの聴衆に何かを従事させる何かを与えたいならば、それはいい感じです。

もちろん、AboutUsページの機能部分を含めることもできます。 多くの企業は、About Usページのサブセクションを使用して、現在の求人情報、チーム、取締役会、および主要なスポークスパーソンに関する有用な情報を投稿しています。

あなたの製品とサービスを含める

また、製品やサービス専用のページも必要になります。 結局のところ、これらはあなたのビジネスの主な目的なので、宣伝するためのスペースが必要です。 あなたがサービス会社であるならば、あなたが何をしているのかを正確に視覚化するのは難しいかもしれません。 したがって、あなたが助けたクライアントについてのセクションをあなたのサイトに置いてみませんか。

クライアントのケーススタディとプロジェクトの説明を含めて、クライアントを支援したことと、クライアントの問題をどのように解決したかを詳しく説明することができます。 これへの素晴らしい追加は、顧客の声のページです。 ここでは、満足している顧客から寄せられたすべての素晴らしいコメントとフィードバックを含めることができ、高品質のサービスを提供していることを訪問者に証明できます。

一方、あなたのビジネスが製品の販売に焦点を合わせているなら、あなたは間違いなくあなたの製品を披露するたくさんのページを必要とします。 これには、高品質の画像、顧客が必要とする可能性のある技術情報、および価格情報を含める必要があります。 あなたはそれを見つけようとする顧客を苛立たせるかもしれない何かを除外したくありません。

それはあなたのコンテンツがあなたのためにも働くようにするのに良いスペースです。 よく書かれた製品の説明は必須です。 できるだけ多くの情報を含める必要がありますが、技術仕様を超える必要もあります。 あなたはより人間的な方法であなたの製品について話すことができます、そしてそれは訪問者の注意を引くだけでなく、購入を考えている誰にとってもより説得力があります。

ブログページを含める

重要なページ以外にも、サイトに素晴らしい追加を行うために含めることができるものがたくさんあります。 たとえば、ブログページは非常に人気があります。 ここでは、あなたが働いているセクター内のあなたの考えや問題について議論するブログを続けることができます。これらは、あなたの専門知識を強調する意見記事、またはおそらく関連する何かのための指導ガイドである可能性があります。

これが例です。 あなたが、人々が自分の車で使用する必要のある自動車部品や工具を販売している企業だと想像してみてください。 タイヤの交換方法と、タイヤに必要な機器についてのステップバイステップガイドとしてブログ投稿を書くことができます。 これはあなたの専門知識を示しており、あなたのビジネスの聴衆にとって価値があります。

おそらくあなたは犬の養子縁組センターを運営しています。 ブログページを使用して、犬を養子にすることと新しい子犬を購入することのすべての利点についての記事を投稿することができます。 これはあなたのビジネスと聴衆に直接関係があり、この主題に関するあなたの専門知識を紹介し、またあなたのサービスを宣伝し、人々にあなたのところに来るように説得します。

ブログページを使用して、ニュースや会社の最新情報を投稿することもできます。 あなたの会社が何をしているのか、あなたが達成した大きな成果、新製品の発売、または新しいマーケティングキャンペーンについて聴衆に知らせ続けてください。 PRアウトリーチも行っている場合は、ブログ投稿として適切な報道を再共有することもできます。

FAQページを含める

FAQページ(よくある質問)は、会社のWebサイトへのもう1つの便利な追加機能です。 これは、訪問者に情報をすばやく提供するための優れた方法であるため、訪問者がWebサイトを探し回る必要がなく、多くの人がイライラするプロセスです。

あなたが含める必要があるのは、あなたの会社やあなたがしている仕事について、あなたが思いつく可能性が高いと思う質問、またはフィードバックを提供するときにすでに多くの人々が尋ねているのを見たことがあるということです。 これらのいくつかはかなり明白かもしれません、そして「私たちの会社は何をしているのですか?」のように単純である可能性があります。

それらをすべて入手したら、それらをリストに入れて、あまり面倒なことなく、顧客が探している情報を迅速に提供する、簡潔でよく書かれた回答を考え出します。 FAQページは見つけやすいはずですが、連絡先ページの代わりと見なされるべきではないことを忘れないでください。 一部の人々は、直接尋ねる必要があるより詳細な質問があるかもしれません。

オンラインストアを含める

この記事ですでに述べたように、あなたがあなたのウェブサイトを使って売り上げを伸ばそうとしているなら、あなたは間違いなくオンラインストアを含めるべきです。 eコマースは多くの企業にとって不可欠なツールであり、一部のWebサイトの主要な部分です。

ウェブサイトにオンラインストアを設定する簡単な方法は、Shopifyなどの専用のウェブビルダーを使用するか、ショッピング機能が組み込まれているSquarespaceなどの他のウェブビルダーを使用することです。 ただし、必ずしもこれらを使用する必要はなく、Webサイトを構築するほぼすべての方法でサイトにeコマースを設定できます。

何をするにしても、統合された電子決済システムが含まれていることを確認する必要があります。 あなたが使用できるオンラインで利用可能なeコマースソフトウェアとサードパーティの支払いプロセッサがたくさんあります。 多くのホストには、社内のショッピングカートやその他のeコマースプログラムも含まれています。

ページの他の部分と同様に、ショップは簡単にナビゲートできる必要があります。 関連する製品セクションへの見つけやすいリンクを提供します。在庫が非常に多い場合は、検索バーを追加することをお勧めします。 コンテンツも全体で使用する必要があります。 必要な技術仕様を含む、明確で簡潔な製品の説明とともに、製品を明確に表示する高品質の画像を含めます。

すべてのページに含める必要があるもの

各ページを作成するときに覚えておくべきことがいくつかあります。 最初に言及するのはリンクです。 サイトを簡単にナビゲートできるようにすることの重要性についてはすでに説明しました。他のページに戻るリンクをたくさん含めることは、これを行うための優れた方法です。 ユーザーエクスペリエンスが向上するだけでなく、WebサイトのSEOにも役立ちます。

含めるべきもう1つの優れた側面は、行動の呼びかけです。 召喚状とは、ユーザーに何かをするように指示することです。 これは、サイトにアクセスするか、チームに連絡するか、購入することです。

たとえば、商品ページには、オンラインストアに直接リンクできる「今すぐ購入」のプロンプトを必ず含める必要があります。 「詳細については、今日私たちのチームに連絡してください」は、ホームページまたは「会社概要」セクションでの行動を促すための優れた呼びかけでもあります。

あなたのウェブサイトをテストすることを確認してください

含めたいさまざまなページや機能をすべて備え、高品質のコンテンツを豊富に備えたWebサイトを作成したら、まだ仕事が完了しているとは思わないでください。 連絡先や顧客にURLを送信する前に、すべてが正しく機能し、バグがないことを再確認してください。

すべてのページとすべてのリンクを確認してください。 すべてがスムーズに実行され、遅すぎず、レイアウトがすべて正しく見えることを確認する必要があります。 各リンクが想定どおりに正確に移動することを確認してください。 ビデオ、ショッピングプラットフォーム、サインアップフォームなどの機能がある場合は、それらを自分で使用して、実際に機能することを確認してください。

これは骨の折れる時間のかかる作業のように聞こえるかもしれませんが、率直に言ってそうです。 しかし、それを行う必要があり、サイトが機能していないという苦情が殺到し始めたときに、頭痛の種とさらに面倒なことを省くことができます。 さらに悪いことに、顧客は苦情ではなく、あなたのサイトをわざわざ使用せずに他の場所に行く可能性があります。

あなたのサイトはモバイルフレンドリーですか?

すべてが機能していることを2回および3回確認したら、サイトを公開するときが来たと思うかもしれません。 まだ。 次に、Webサイトがデスクトップデバイスとモバイルデバイスの両方で機能することを確認する必要があります。 ますます多くの人々が自分の携帯電話を介してウェブを閲覧するので、それもモバイルフレンドリーである必要があります。

そうでなければ、あなたは多くのトラフィックを逃している可能性があります。 多くの人は1日の大部分をデスクトップコンピュータから離れて過ごすため、モバイルデバイスに依存することになります。 あなたのサイトが電話で扱いにくい場合、彼らはすぐにそれを離れます。 さらに、サイトをモバイルフレンドリーにすることは、SEOを改善し、検索エンジンでサイトを簡単に見つけられるようにするためにも重要です。

多くのウェブビルダーがこのアカウントを考慮しており、サイトを可能な限りモバイルフレンドリーにするための支援を求めることができます。 このページは小さな画面でも機能しますか?、タッチで簡単にナビゲートできますか?、すべての機能はiOSまたはAndroidで機能しますか? これらすべてを考慮に入れると、サイトをモバイル対応にするのがはるかに簡単になります。

アナリティクスを活用する

Analyticsは、Webサイトを一般に公開する前にテストするだけでなく、サイトが稼働しているときに継続的にテストおよび保守するための非常に便利なツールです。 トラフィックのサイト速度の低下を強調表示することにより、何かが機能していないときに通知します。 このようにして、問題を早期に発見し、サイトのユーザーエクスペリエンスを損なう前に解決することができます。

あなたのウェブサイトがライブであるとき、あなたはそこで各ページを監視することができます。 特定のページが他のページと比較して期待したほど多くのトラフィックを獲得していない場合、おそらくそれらに何か問題がありますか? これは、リンク切れなどの技術的な問題である可能性があります。あるいは、見つけるのが難しいか、アクセスが困難で、トラフィックをリンクから遠ざける可能性があります。

Webサイトの背後にある統計を知ることで、何が機能しているか、何が機能していないかを知ることができ、いつアップグレードするかについての洞察を得ることができます。 ウェブサイトを開発する方法を知ることの重要な部分は、いつでも何が機能し、何が機能しないかを正確に知ることです。

あなた自身のウェブサイトを作りたいですか? 今すぐFannitに連絡する

優れたウェブサイトは、ビジネスの種類や所属するセクターに関係なく、今日のどの企業にとっても非常に重要な資産です。ブランド認知、マーケティング、販売などに大きなメリットがあります。 まだ持っていない場合は、どの企業も間違いなく追加することを検討する必要があります。 そして、あなたの現在のものが改良を必要とするかどうかを考えることは常に助けになります。

最近オンラインで利用できるウェブビルダーがたくさんあるので、ウェブサイトを作ることはこれまで以上に簡単で手間のかからないようになりました。 あなたがあなたのウェブサイトがする必要があるものは何でも、そのためのウェブビルダーがあります。 コーディングに関する幅広い知識は必要ないので、大企業であろうと中小企業であろうと、誰でも今すぐWebサイトをセットアップできます。

しかし、それでも困難な作業のように思えるかもしれません。 サイトをホストする場所、ドメイン名を取得する方法など、さまざまなプログラムの選択肢が非常に多いため、どこから始めればよいかわからない可能性があります。 この場合、助けを求めることは決して痛いことではありません。

Fannitでは、企業向けのWebデザインに関する豊富な経験があります。 デジタルマーケターとして、私たちはビジネスにとってうまく機能するウェブサイトがどれほど重要であるかを知っているので、それを作る方法を知っています。

WordPressとSquarespaceのどちらを選択するか、Webホスティング会社を選択するか、ドメインを登録する際にサポートが必要な場合は、連絡を取り、ビジネスに最適なWeb​​サイトの作成を支援する方法を確認してください。